ASPとSaaSの違い

コスト面についてみてみると、ASPサービスの最大のメリットが費用の安さです。年単位で契約して利用料を払うのが一般的ですが、SaaSサービスの場合は、月間単位や使用した分だけという料金形態もあり、使い方によっては、ASPサービスよりもコストを安く抑えることも可能となります。また、ASPサービスの最大のデメリットがカスタマイズ性の低さでしたが、SaaSサービスでは、ユーザーごとにカスタマイズ情報を記録することが可能となったことで、ASPサービスでは実現できなかった高いカスタマイズ性を発揮することができるようになっています。

最も異なるポイントとしてあげられるのが連携のしやすさです。ASPサービスでは、原則として他のアプリケーションと連携することができないのに対して、SaaSサービスでは、プラットフォームや連携用APIが提供されているため、さまざまなアプリケーションとの連携がスムーズに行えるようになっています。また、ASPサービスの運用管理主体がサードパーティベンダーであるのに対し、SaaSサービスでは、開発と提供の主体が同一であるため、不具合などが生じたときでも、問い合わせなどに対する迅速な対応が期待できるというメリットがあります。このようにトータルで見た場合、SaaSサービスの方が使い勝手がいいと言えるでしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket